80s Champion reverse weave トリコタグモデル

champion

私が若かりし頃は1980年代のモデルといえばリーズナブルで、セールの時なんかは1000円でおつりがて来るほど。まさかこんなに価格上昇するとは。

あなたが手にしたモデルはいつの年代でしょう?

より古いモデルや球数の少ない年代なんかは、将来もっと価値がつくのかも。

1981~83年 トリコタグ

1981年頃から白地に赤と青の文字がプリントされた、トリコロールカラーの通称”トリコタグ”が採用される。

この年代のボディーには、「コットン90%・アクリル10%」と「コットン82%・アクリル12%・レイヨン6%」の2種類の混紡布が混在している。

1983~85年 トリコタグ

画像提供 : @gon10350

コットン90%・アクリル10%のボディーが使用され、チャンピオンのタグの下に洗濯表記がされたタグが縫い付けられるようになった。所謂2枚タグ期。

1985~90年 トリコタグ

画像提供:@gon10350

コットン89%・アクリル8%・レイヨン3% と、新たな配合割合の混紡生地が使用され始める。

チャンピオンタグの下につけられていた2枚目のタグは廃止されている。

ブランド腕時計レンタルサービス

タイトルとURLをコピーしました